法律に関するご相談は名古屋ユナイテッド・パートナーズ法律事務所へ

Nagoya UNITED PARTNERS Law Office

予約専用ダイヤルTEL.052-951-2012 受付時間 / 9:00~18:00 / 土日、祝日、臨時休業日を除く

トップページ > 個人のお客様 > 交通事故に関する法律相談

個人のお客様

主な取り扱い業務(個人のお客様)

交通事故に関する法律相談

1 はじめに

自動車の普及した現代社会において、私たちは、思いもよらず交通事故の被害者・加害者になる可能性があります。
不幸にして、そのような交通事故被害者となった場合、その事故によって発生した損害賠償に関して、円滑な解決が望まれるところですが、同賠償について、誰が責任を負うのか、どのくらいの賠償額が妥当なのか等の問題について、専門的な知識を有していないと、十分な賠償を受けられないことも少なくありません。

2 トラブル事例

  • ① 父が自動車に轢かれて死亡したため、加害者の保険会社から示談の提案を受けたが、保険会社の提案額が妥当な金額であるかが分からない。
  • ② 交通事故によって、後遺障害が残る程の怪我を負い、今後の生活にも著しい支障の生じることが見込まれるため、十分な補償を受けたい。

3 解決方法

被害者やその遺族に交通事故の経験・知識がなく、保険会社の提示する金額を適正な損害賠償金額であると信じて示談をするケースがあります。しかし、実際には、保険会社の提示する金額が適正な損害賠償金額よりも低額であることが多々あります。特に、上記①②のような、死亡事例や後遺障害が残る事例においては、保険会社の提示する示談金額と、適正な損害額との乖離が著しくなる傾向にあります。
また、交通事故においては、損害項目の精査、損害額の算定のみならず、過失相殺、高次脳機能障害、格落損、損益相殺等様々な法律問題が生じます。
当事務所は、上記のように、被害者やその遺族が十分な賠償を受けることができないような事態とならないように、損害賠償金の算定はもちろん、実際に保険会社と交渉し、後遺障害等級の認定に不服がある場合には異議申立ての手続を行い、調停や裁判手続を利用するなどして、損害賠償請求を行います。

4 初回相談料無料

交通事故に関する相談につきましては、初回相談料を無料としています。